医師転職サイト比較

医師の転職事情

医師の有効求人倍率は、厚生労働省が公表した2014年5月の有効求人倍率をみると、医師・薬剤師等(5.94倍)と全体の平均の1.09倍を大きく上回っています。これは医療系の職業の中で一番高く、特に郊外や僻地での医師不足は深刻です。これは2004年度から始まった新医師臨床研修制度が医局の崩壊や人員不足を招いた結果だとよくいわますが、それ以前から医師不足、医師の偏在化はありましたので、一概に新医師臨床研修制度が悪いとは言えません。現在、医師は30万人が就業しており、団塊の世代が後期高齢者になる2025年には32万〜34万人が必要になるといわれています。こうした医師不足の解消には、病院と医師のマッチングを行う医師の人材紹介会社の役割も大きくなると考えられます。

医師の辞める理由

ひと前昔の医師は医局からの紹介で転職することが多かったのですが、医局制度の崩壊とともにより良い待遇と給与を求めて、自ら転職する医師が増えてきました。その医師の転職理由として、よく挙げられるのは次の5つです。

①給与が安い
②仕事が忙しい
③キャリアアップしたい
④転科・開業したい
⑤人間関係

①、②、⑤は職場の環境の悪さとも言い換えられ、どんな職業でも共通して辞める理由として挙げられることが多いです。特に医局勤務の場合、一般的な病院勤務と比較すると給料が安いので、それを補うために非常勤の当直や日当直を勤めることが多くなります。そうなると体への負担も大きくなり、精神的にもよくありません。
③のキャリアアップ、スキルアップをしたいという場合にも医局は依然学閥社会で自由に臨床研究ができないと悩む医師も多いです。④の転科を図りたい、開業したいというのも①~③の理由の延長上にあることが多いでしょう。
医師の場合、退職するときには問題なく辞めるに注意を払う必要があります。医師の世界は狭いので、悪い噂が立つとすぐに広まってしまうからです。転職の際は細心の注意を払うようにしましょう。

医師にとって理想の職場とは

医師にとって理想の職場とはどのようなものでしょうか。若い医師と中堅医師に多少違いが見られます。若い医師の場合、多様な症例が多く経験でき、優秀な指導医がいる職場を理想としているのに対し、中堅医師の場合は経験を積んでいるためか、技術的・人間的に尊敬できる上司の存在や看護体制やサポート体制が整っている職場を求める傾向があります。

いずれも辞める理由として、給与の低さや労働・設備環境、人間関係の悪さ、キャリアアップが多くあげられていますが、逆に給与が高く、治療機器や臨床研究制度が充実しており、職場の風通しがよい職場であれば、若い医師、中堅医師、どちらにとっても理想の職場といえるでしょう。

上記に当てはまる理想の職場は、大手の医師転職サービスで紹介してもらえます。まず自己分析し、職場に何を求めるかを整理することで、転職目的や希望条件がはっきりと認識できます。それを転職エージェントに伝えることで理想の職場に就くことが可能になるでしょう。

医師求人 記事一覧

医師 転職 イービジルギャッピュ777

医師が転職する時の理由で多いのは、年収に対する不満、当直やオンコールで忙しいこと、勤務地の変更、キャリアップしたい、転科・開業などです。実際に転職すると決めた時には、転職理由をもう一度考えて、転職先に望む条件を整理するとよいでしょう。特に譲...

≫続きを読む

医師求人 メディカルバンカーズ

医師の転職の成功は、良い転職支援サービスと転職エージェントに巡り会えるかどうかで決まります。医師求人 メディカルバンカーズ/好条件の転職では、医師の転職支援サービスの内容、利用者の口コミ、評判から実績のある医師求人サービスのみを厳選してご紹...

≫続きを読む

医師 転職サポート命の絆/ベスト3

医師 転職サポート命の絆/ベスト3 医師 転職サポート命の絆/ベスト3です。医師の転職サイトでまずおすすめしたいのが、【エムスリーキャリアエージェント】です。医師会員20万人以上の会員数を誇るm3.comの転職サイトで、転職希望医師の...

≫続きを読む